LinkedInのプロフィールをプロフェッショナルに作り変える12のポイント

こんにちはmasayaです。

以前の投稿コネ就職するために活用すべきネットワークの知識と作り方でLinkedInはネットワーク(コネ)を広げて管理するのにとても便利だと紹介ました。

LinkedInをより効率的に使うためには、LinkedInのプロフィールを『プロフェッショナル』な状態に保ち他人からの目を惹きつけることが大切です。

今回はそんなLinkedInのプロフィールを『プロフェッショナル』に作り変えるためにポイントについてまとめていきます。

“LinkedInのプロフィールをプロフェッショナルに作り変える12のポイント” の続きを読む

コネ就職するために活用すべきネットワークの知識と作り方

こんにちは、masayaです。

コネ就職ってどう思いますか?

日本でコネ就職と聞くとちょっとネガティブなイメージを持つ方がいると思いますが、アメリカでは逆にコネがないと就職・転職はなかなか難しいのが現実です。

アメリカではコネは『ネットワーク』と言って、就職・転職・ビザ申請など様々な場面で重要な役割を担います。

今回は、そんな就職にとって非常に大切な『コネ(ネットワーク)とは何なのか?』『ネットワークの作り方』についてまとめます。

“コネ就職するために活用すべきネットワークの知識と作り方” の続きを読む

アメリカで留学・転職前に知りたい給料と物価の調べ方

こんにちは、masayaです。

アメリカで留学・転職する前に知っておきたいことの一つはお金に関することだと思います。

  • 新しい仕事の給料の相場はいくらなのか?
  • 仕事をする街の物価、生活にかかる出費(リビングコスト)はいくらなのか?

実際私も転職前はアメリカの製薬企業の研究職の給料と、将来の勤務地候補での物価・生活にかかる支出(リビングコスト: Cost of Living)について調べてみたり、同僚からアドバイスももらいました。

生きていくためにはお金の話はとても重要なので、アメリカでの給料の調べ方と都市ごとのリビングコストの調べ方についてまとめます。

“アメリカで留学・転職前に知りたい給料と物価の調べ方” の続きを読む

アメリカでの転職、10分でわかる応募から採用までの一連の流れ

こんにちは、masayaです。

日本での就職活動と言えば、エントリーシートや履歴書を書いて応募するのが広く知れ渡っていると思います。しかしもし海外、例えばアメリカで転職しようと思ったら何から始めればいいのか、そしてどういった採用手順が待っているのかご存知ですか??

いざ海外で転職をしようと考えた際に、転職の流れを知っているだけでも、少しだけストレスが減って転職へのハードルがぐっと下がるんじゃないかと感じたので、今回は海外、アメリカでの転職活動の応募から採用までの流れをまとめていきます。

“アメリカでの転職、10分でわかる応募から採用までの一連の流れ” の続きを読む

研究留学、ビザ/グリーンカード、転職の推薦状:必要になる前に知っておきたい役割と書き方

こんにちは、masayaです。

海外へ研究留学を始める際、ビザ/グリーンカードの申請、転職で新しいポジションへ移る際ほぼ必ず必要なのが、何通かの推薦状(Reccomendation Letter or Reference Letter)です。推薦状を頼む相手は通常の場合、教授など自分よりも職位が上の場合がほとんどで、彼ら彼女らは多忙のことが多く、0から推薦状を書き上げてくれないケースもあります。ある程度の推薦状のドラフトを自分で作成してサインしてもらうというケースが現実的になる場合が多いと思われます。

いざ必要になった時、いったいどんな風に書き始めたらいいのだろうか?

と私自身困った経験があるので、今日は研究留学とビザ/グリーンカードの申請、転職時に必要になる推薦状の重要性と書き方に関してまとめていきます。

“研究留学、ビザ/グリーンカード、転職の推薦状:必要になる前に知っておきたい役割と書き方” の続きを読む

日本への就職活動のコストは海外在住者は日本在住者よりも3倍近くかかる

こんにちは、masayaです。

ポスドクで研究留学をした後の進路で色々あって、アメリカと日本の就職活動を経験しました。今海外で生活している方、もしくはこれから海外へ留学される方で就職活動にいくらかかるのか心配している人もいるでしょう。

そこで今回は実際に両方の日本とアメリカの2つの国で就職活動をした経験から実感した“コスト”の話に焦点を当てて今回はまとめてみようと思います。

“日本への就職活動のコストは海外在住者は日本在住者よりも3倍近くかかる” の続きを読む

アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 10: ジョブオファー受諾

こんにちは、masayaです。

前回のNo9″では無事にon-site interviewを乗り切り、採用の旨をハイアリングマネージャーから連絡を頂いたところまでを振り返りました。

今回は、Job offerを受けた際に”ヤッホイ”と喜んでいるだけではなく、Job Offer Letterの中身の確認すべき事、正式に働き出すためにクリアしなければいけなかった事に関してまとめます。

“アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 10: ジョブオファー受諾” の続きを読む

卓越研究員の結果:アメリカで製薬研究職を目指したターニングポイント

こんにちは、masayaです。

以前の投稿“海外でポスドクをして就職まで生き残って”No”と言う大切さ”で、業績が出るかどうかのターニングポイントで、時には”No”と言ってまで自分の意見を主張することが大切だったと言うことを紹介しました。

今回は私がアメリカで製薬研究職への就職活動を行う前に行っていた日本への就職活動について少しだけ振り返っていきたいと思います。(そんなに何年もやっていたわけですが)どうして日本のアカデミアへの就職活動をストップして、アメリカでの製薬研究職への就職活動へ舵をきったのかについて紹介します。

突然ですが、卓越研究員制度はご存知ですか?

“卓越研究員の結果:アメリカで製薬研究職を目指したターニングポイント” の続きを読む

アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 9: オンサイトインタビューDay2

こんにちは、masayaです。

前回のNo8の記事ではDinner interview”についてまとめました。今回はon-site interviewを構成する後半パート、研究所での研究プレゼンとインタビューへの臨み方・注意点についてまとめながら、自身のインタビューについて振り返っていきます。

“アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 9: オンサイトインタビューDay2” の続きを読む

アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 8: オンサイトインタビューDay1

こんにちは、masayaです。

前回のNo7の記事ではon-site interviewへ向けた準備についてまとめました。今回はon-site interviewを構成する前半パート、dinner/lunch interviewの臨み方・注意点についてまとめながら、自身のdinner interviewについて振り返っていきます。

“アメリカ製薬研究職への転職活動 No. 8: オンサイトインタビューDay1” の続きを読む