ブログ

ポスドクの研究室でビッグラボを選ぶ5つのメリット・3つのデメリット

こんにちは、masayaです。

ポスドク、大学院の研究留学で後悔しないための研究室の選び方で紹介したように、博士課程修了後にポスドク先を探す時に所謂『ビッグラボ』へ行くという選択肢と少数の人員で運営する研究室へ行くという選択肢の大きく分けて2つあります。

私自身は前者のビッグラボでポスドクのトレーニングを行ったので、少数のラボの事は詳しくは分かりませんが、ビッグラボでポスドクをして感じた『ビッグラボのメリット・デメリット』についてまとめました。

研究室選びでビッグラボを考える際の参考になると幸いです。

“ポスドクの研究室でビッグラボを選ぶ5つのメリット・3つのデメリット” の続きを読む

国内製薬企業からアメリカ製薬企業研究職へ転職するための3つの可能性

こんにちは、masayaです。

先日LinkedInで『国内の製薬企業の研究職から海外(アメリカ)の製薬企業の研究職へ転職するにはどうしたらいいですか?』という質問をいただきました。

アメリカの製薬企業で働き出してそこまで長くはないですが、国内製薬企業からアメリカ製薬企業へ転職したという方にはまだ出会ったことがありません。

ですが、アメリカでの製薬企業への就職活動経験と3つのビザの取得経験を基に、『国内製薬企業からアメリカ製薬企業へ転職する可能性(方法)について3つ考えられるので、それらについてまとめました。

“国内製薬企業からアメリカ製薬企業研究職へ転職するための3つの可能性” の続きを読む

雇用ベースのグリーンカード(I-140EB2/I-485)のインタビューの体験談

こんにちは、masayaです。

以前の投稿研究者のグリーンカード(EB2 NIW)取得までの申請過程と所要時間で2016年の12月からグリーンカードの申請を開始して2019年の春にインタビューがあることについて触れました。実際に2019年4月中旬にアメリカの永住権(グリーンカード)のインタビューを受けてきたわけですが、人づてに話に聞いていたのとはだいぶ違っていて正直かなり疲弊しました。

その時の実際のグリーンカードの『インタビューの時の様子』USCISの審査官から質問された項目』を中心とした体験談について簡単に振り返っていき、また本番のインタビューを無難に乗り切るために『どういった準備』をしておくと効果的なのかについてまとめました。

“雇用ベースのグリーンカード(I-140EB2/I-485)のインタビューの体験談” の続きを読む

ミーティング・進捗報告を有意義+ボスをハッピーにするための5つのポイント

こんにちは、masayaです。

ダラダラとしたミーティングを削減したり、ミーティング中の参加者の理解度を上げることできれば、限られた時間で実りあるディスカッションが出来たりとミーティングが有意義なものになります。

特にボスに進捗や結果をしっかりと理解してもらいハッピー(満足)になってもらうことは非常に大切です。なぜなら、ボスからの評価は推薦状の良し悪し・就職・転職・年次評価に直接関わってくるからです。

米国の速い環境に適応するために学んだ作業効率を向上させる9αの習慣では色々な作業効率を向上させる習慣について紹介しましたが、有意義なミーティングを行うための準備にも気を使っていることが多くあるので、今回は普段のボスとの1:1のミーティングやグループレベルのミーティングで気をつけている『進捗報告などのミーティングを有意義にするために注意しているポイント』についてまとめました。

“ミーティング・進捗報告を有意義+ボスをハッピーにするための5つのポイント” の続きを読む

ポスドク・特任助教・助教の3つの職種の位置付け・職務内容・給料の違い

こんにちは、masayaです。

博士課程後やポスドク後の進路を考えるにあたり、アカデミアへ向かうのか企業へ向かうのか悩む人も多いと思います。

博士課程修了後で多いアカデミアの進路の選択肢はポスドク、特任助教、助教の3つが一般的だと考えられていますが、実際のところこの3つの職種の違いをよく知らなかったので、『ポスドク・特任助教・助教の違い』について調べた事についてまとめました。

“ポスドク・特任助教・助教の3つの職種の位置付け・職務内容・給料の違い” の続きを読む

Scopusの使い方、Self-Citationを除いたCitation Reportの作り方

こんにちは、masayaです。

研究者のグリーンカード(EB2-NIW)取得までの申請過程と所要時間で紹介したように、米国での永住権(グリーンカード)の申請やビザの更新などでは、自身の業績のインパクトを示すために論文の引用回数が記載されたCitation Reportを提出する必要があります。

その際は、自分の論文の総引用回数から自分で引用した回数(self-citation)を除いたCitation Reportを提出する必要があります。

グリーンカードやビザ申請以外にもself-citationを除いたCitation reportを提出しなければいけない状況はきっとあると思います。

このSelf-Citationを除いたCitation Reportを作成した際はScopusが1番使いやすかったので、Scopusを使ったSelf-Citationを除いたCitation Reportの作り方』についてまとめました。

“Scopusの使い方、Self-Citationを除いたCitation Reportの作り方” の続きを読む

学会発表などでの10分以内の短い時間のプレゼンを仕上げるための7項目

こんにちは、masayaです。

学会の口頭発表や就職活動の面接の場で5分、7分、10分間などのとても短い発表時間のプレゼンテーションをする機会に直面したことはありませんか?

15分や30分のプレゼンテーションではじっくりと背景内容に触れていく時間がありますが、短い時間のプレゼンテーションでは内容をかなり簡潔に仕上げる必要があります。

準備に必要なスライド枚数が少ない分、一見短いプレゼンテーションの方が簡単そうに感じますが、発表時間が短いなりの難しさがあります。こういった短い時間のプレゼンテーションへしっかりと対応するために、『短い時間のプレゼンテーションでもしっかりとした内容に仕上がるようにするためのポイント』についてまとめました。

“学会発表などでの10分以内の短い時間のプレゼンを仕上げるための7項目” の続きを読む

タンパク質複合体の反応中間体と特定状態のトラップの創薬研究への応用

こんにちは、masayaです。

先日、グループ内のLunch & Learnという勉強会のような場でポスドク時代の仕事に関連したCrosslinkerSortase A protein ligationを利用したタンパク質の特定の中間体もしくは特定のコンフォメーションをトラップする手法』についての話を創薬研究への応用を視野に入れつつ行ったので、せっかくなのでこちらでも簡単にシェアしてみようかと思いました。

個人的に不安定なタンパク質の中間体を捉えるというコンセプトはとても好きで、2016年に取り組んだ卓越研究員制度の研究計画でもこのアイデアを取り組んだくらいなので、今回は『反応中間体と特定状態のトラップの創薬研究への応用』についてシェアします。

“タンパク質複合体の反応中間体と特定状態のトラップの創薬研究への応用” の続きを読む

フラグメント創薬(Fragment-Based Drug Design/Discovery: FBDD)の効率的な創薬研究

こんにちは、masayaです。

以前の投稿で“High Throughput Screening (HTS)”“DNA Encoded Library (DEL)”“Affinity Selection Mass Spectrometry”表現型スクリーニング (Phenotypic screening)”などの創薬研究の低分子化合物のスクリーニング手法について紹介してきました。

今回は、前々から面白いなぁと感じていた創薬研究のアプローチの『フラグメント創薬: Fragment-based drug design/discovery (FBDD)という効率的なスクリーニング手法についてまとめました。

“フラグメント創薬(Fragment-Based Drug Design/Discovery: FBDD)の効率的な創薬研究” の続きを読む

ポスドク・大学院での研究室変更の4つのメリットと2つのデメリット

こんにちは、masayaです。

大学院や博士課程修了後のポスドクで『研究室を変更をするのか、しないのか?』はちょっとした悩みだと思います。

私自身過去に①学部4年から修士課程、②博士課程からポスドクで2回研究室を変更した経験があります。

研究室の変更は個人的には良いことだと思いますが、それなりのデメリットもあるのでその辺りも考えて、『研究室変更のメリット・デメリット』についてまとめます。

“ポスドク・大学院での研究室変更の4つのメリットと2つのデメリット” の続きを読む