大学院生・ポスドクに学振・フェローシップへ応募して欲しい3つの理由

こんにちは、masayaです。

もう4月ですね。4月と言えば、学振(DC1)、海外学振、卓越研究員の応募の準備していたのを思い出します。PhDの学生さんやポスドクの方もフェローシップに応募するか思案している方もいるのではないでしょうか?

研究留学そして研究者のキャリアを構築する上で重要フェローシップの獲得は非常に重要なので、迷っているなら間違いなく応募した方がいいです。もちろん獲得できれば最高ですが、獲得できなくても応募するメリットはあります。

今回は、なぜ学振やフェローシップへ“応募”した(獲得ではない)方が良いのかについて、3つのメリットに焦点を当ててまとめていきます。

 

“大学院生・ポスドクに学振・フェローシップへ応募して欲しい3つの理由” の続きを読む