アメリカで研究留学・転職するために知っておきたいビザの知識

こんにちは、masayaです。

アメリカで現地就職するために必要なことはご存知ですか?

以前の記事“アメリカ製薬研究職への就職活動シリーズのNo.0でで5点(ビザ、マッチング、自己分析、プレゼンテーション、運)まとめましたが、その中で最も重要な要素は間違いなくビザです。

アメリカで現地就職するのに必要なビザの種類を知っておけば、少しはアメリカでの就職のハードルも下がると思うので、今回はアメリカで現地就職するために知っておきたいビザの話をまとめていきます。

今仕事している場所が製薬業界(Pharma/Biotech)なので、他業種で異なる場合もあると思いますのでその場合は失礼します。 “アメリカで研究留学・転職するために知っておきたいビザの知識” の続きを読む

ポスドクを企業とアカデミアでするメリット・デメリット

こんにちは、masayaです。

不覚にも一昨年製薬業界へ就職活動を仕掛けるまで、企業でもポスドクを採用しているとは知りませんでした。

今回は企業ポスドクとアカデミアポスドクのメリットとデメリットについてまとめました。私見も込みです。

“ポスドクを企業とアカデミアでするメリット・デメリット” の続きを読む

アメリカ大企業でのリストラに備えるための3つの教訓

こんにちは、masayaです。

Big pharma/Biotechに限らずアメリカの企業にお勤めの方は1度くらいは解雇(Layoff)されたらどうしようと考えたことはあるのではないでしょうか?私もつい最近、2018年1QにPfizer Neuroscience Exitに伴うLayoff、さらにそれに伴うbudget cutによる第2波のLayoffを現場で体験しました。

入社半年での出来事で正直かなりビビりました…

これからアメリカで就職をお考えの方はこういったリスクも考慮して、ご自身のキャリアパスを考えてください。誤解のないように言っておきますが、決して脅かしてるわけじゃないですから。日本のアカデミアの常勤ポストでもない限り、アカデミアに行ってもグラントが切れた時は同じだと思うので、要は自分が何を大事にするかです。

今日はそういったLayoffの現場経験からIndustryにおけるLayoffについて考えてみます。先日Departmentのディレクターとの面談で伺ったキャリア構築のアドバイスも併せてまとめます。

“アメリカ大企業でのリストラに備えるための3つの教訓” の続きを読む

英語が苦手だからこそ上達させたいプレゼンテーションの構成とポイント

こんにちは、masayaです。

博士課程の審査、新しいポジションや予算の獲得、転職、そしてアカデミアやインダストリーで仕事をしていく上で避けては通れないのがプレゼンテーションではないでしょうか?

特に研究留学や海外の人達と仕事をされる方は、日本語でさえ大変なプレゼンテーションを英語でこなさなければいけません。

アメリカでのポスドクトレーニング中のボスが恐ろしくプレゼンが上手だったので、今日はそのボスから教わった、英語が苦手だからこそ押さえておきたいプレゼンテーションの構成やポイントについてまとめていきます。

“英語が苦手だからこそ上達させたいプレゼンテーションの構成とポイント” の続きを読む